シンガー足踏みミシン

今日からブログを開設しました。よろしく。

今朝NHKの「ゲゲゲの女房」を見ていたら、主人公の弟がミシン屋ということで、ミシンの調整をしながら、最近はミシンが売れないという話をする場面がありました。ドラマの舞台は昭和40年代かと思いますが、家庭のミシンの威厳が衰えていったのはその頃のようです。

画像

現在私が使っているミシンは、シンガーの職業用足踏みミシン。製造年がいつなのかシンガーのホームページで調べてみたのですが、「C」から始まるシリアルナンバーは1908年からドイツ・ヴィッテンベルゲ工場で生産が始まったとあり、それ以上のことは記録が残っていないようです。1960年代のモデルと比べて古いタイプですので、1950年代以前かと思います。

このミシンは、東京都江東区森下の「堀ミシン商会」で購入しました。当然かなり古いものですがしっかり調整してもらいました。ですので、ミシン本体に「hori」のネームプレートが付いています。

9号帆布くらいまでならトートバッグでも縫えます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック