Brooksサドルのリペア

前回お話ししたBrooksサドルが自分の不注意によって裂けてしまった件ですが、このまま乗っていると裂け目が広がっていくので、修理することにしました。
BicycleShop玄さんに見せたら、「もったいないね。糸で縫ってみたら」と言われたので、糸で縫って裂け目を固定し、「アドカラー」を塗って補修することとしました。

目打ちでサドルの革に穴を開け、針と糸で縫います。糸は高強度のケブラー(アラミド繊維)を使いました。
左側は状態が悪いので、上下に二針。縫い終わりの糸は裏側に回し結び目をつくり瞬間接着剤で止めます。
画像
画像

その上を、靴・バッグの補修用にコロンブスから販売されているアドカラーセットを使って、塗り込んでしまいます。
乾くのを待って、靴クリームのサドルに近い色を塗って磨き、さらに無色の靴クリームを塗って磨きました。
画像

画像

これで、乗ってみて裂け目が出てこなければいいのですが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック