カナモノで悩む

いろいろな帆布バッグをつくる機会がありますが、バックルなど接続のための金物を探したり、選んだりすることは結構たいへんです。 国内で手に入る既成のものは、だいたい決まったもので、昔の海外のものに近いものがなかったりします。 また、用途を少し変えて使おうと思ってもなかなかうまくゆかないことも多いですね。 そういえば、このブログのスタイルもいつの間にか変わっていました。タイトル写真は…

続きを読む

これも帆布バッグ屋の道具

帆布バッグを製造するのに使う道具、ミシンなどの機械モノ以外で手工具として一番使うものは、、、「はさみ」の類でしょうか。 これらの道具も定期的に使うものです。 ワイヤカッター、平ヤットコ、丸ヤットコ、挟む面の歯を削ったプライヤー、金づち、やすりなど。 丸ヤットコはハンドルを革で巻いてセラックニスを塗りました。 この道具で何を作るかというと、フロントバッグやサドルバッグに付けるフック…

続きを読む

岡山天満屋での催事出店してきました。

4月18日(水)~23日(月)、天満屋岡山本店にて開催の「婦人靴・ハンドバッグ こだわり市」に出店してきました。 今回の催事は、自転車系でもなく、クラフト系でもなく、なかなか厳しいものもありましたが、皆様のご協力もあり、無事会期を乗りきることができました。お買上げ、ご注文いただきましたお客様に御礼申し上げます。また、出店者の皆様とも交流でき、意義深いものとなりました。ありがとうございました。 …

続きを読む

帆布生地のカラーバリエーション

今日も朝から晴れています。向かいのお宅のゴーヤの実が大きく色濃くなってきました。 さて、BACCHAUSのバッグは、綿帆布にパラフィン防水加工を施したものを主に使用しています。自転車バッグ(フロントバッグ、パニアバッグ、サドルバッグなど)では、厚めの6号の生地が標準です。 この、6号帆布パラフィン加工は、メーカーがあまり色数を作っていません。それでも最低限お客様のご要望にもこたえられるよ…

続きを読む

帆布ショルダーバッグの再生

自分で使っているショルダーバッグなどは、だいたい試作品です。 それをもとに少し手を加えてカタログモデルにしたり、うまくいかなかったものを使ったりしています。ショルダーバッグcaramel-3の試作品を数年使ってきましたが、擦れて穴があいてきたので「捨てるにはちょっとモッタイナイ」ということで、再生することにしました。 これは、昨晩寝ている時にふと思いついたのですが、ひとまわり小さいサ…

続きを読む

サドルバッグの検討(1)

サドルバッグは、サドルのバックループにベルトを通して固定したり、専用のアダプターを用いて固定したりしますが、バックループ付きのサドルとループなしのサドルに兼用で1つのサドルバッグを使いたいという依頼がありました。 いろいろ検討してみましたが、依頼者の言うように、取付けベルトを交換するという方式を採用してみました。 <幅の狭いベルトでバックループに固定> <幅の広いベルトでサドルのレール…

続きを読む

真鍮線でサドルバッグ用ループを製作

いつもお願いしている伸銅品店で、「なまし真鍮線の3.2mm」を買ってみました。 実は、ちょっとした工作をしようと思いまして…。 昔の自転車で、実用車、軽快車に付けられていた「テリー型サドル」に皮革製工具バッグを付けようと思い、ループ金具が付いてなかったので、この時代のものだと真鍮でもOKと思い、自作することにしました。 なまし真鍮線3.2mmは、記号でいうと「C2700WO 3.2X2…

続きを読む

オレンジ色のフロントバッグ

思い出のランドナーに合わせてフロントバッグをつくってほしいとの依頼がありましたので、オレンジ色の帆布生地で、提案させていただきました。 オレンジ色、実は「日通色」といいます。日本通運ですね。かつての日通のトラックの幌に使われていた色のようです。 「懐かしくて新しい」色なのではないでしょうか?

続きを読む

フロントパニア製作工程

サイドをひもで調節するタイプのフロントパニアバッグ製作の依頼がありました。 その制作過程の写真。 パーツごとに進めて、最後に縫い合せて縁取りを巻きます。

続きを読む

カメノコ?イイエ、ハンドパン運搬バッグです

何か変わったものを背負ってますね。何でしょうか? オーダーバッグ製作の依頼があって、出来上がったものを背負っているところです。 これは、「ハンドパン」という打楽器を収納して運ぶためのバッグです。 ハンドパンチューナー、製作者である園部良氏の依頼により製作いたしました。 http://www.sonobe-handpan.com/ さて、「ハンドパン」とはどのようなものである…

続きを読む

iichi crafts market 三越・千葉店会場に出店中です。

8月26日(水)~9月1日(火)の期間、タイトルのイベントにBACCHAUSが出店します。 皆さま、どうぞお越しください。 このイベントの概要は以下のサイトをご覧ください。 http://www.iichi.com/crafts-market/21shops-2015 三越・千葉店6階、リビング用品売り場イベントスペースです。 http://www.iichi.com/assets/i…

続きを読む

Brooksサドルのリペアその後

前回お話ししたBrooksサドル(B17 Champion Narrow)のリペアですが、少し乗ったら裂け目が出てきてしまいました。もう一度、アドベース・アドカラーを剥がし、補修をやり直しました。 今度の補修は、サドル左側のリベット脇の革の穴のあいた部分に革の小片を当て、裂け目の部分とともに瞬間接着剤を流し込んで固定することにしました。その後、もう一度アドベース・アドカラーを塗って仕上げた…

続きを読む

サドルとバッグ

「サドルバッグ」ではありません。サドルとバッグの写真ということです。 古いBROOKSのサドルをリペアしようと思ったのですが、結局、最終的に、皮革が裂けてしまい、失敗に終わりました。 これはすべて自分の責任なので、この裂けてしまったサドルを使っていこうと思います。 何か、補修の手立ても考えますが。

続きを読む

「川口暮らふと」に出店してきました。

2014年10月18日土曜日。今年も川口暮らふとに出店してきました。 青空のもと多数の出店者が朝早くからテントを張り、出店の準備に追われていました。 われわれも昨年と同様の設備で、出店準備を開始。 そうそう、前回のブログで紹介した四分の一円のテーブルも登場です。電動ドリルを持っていかなかったので、手でドライバーを回したので、ちょっと疲れました。 この小さめの手提げバッグは、今…

続きを読む

自転車架装バッグ・フルセット!!

フロントバッグ、フロントパニア、リアパニアをまとめてご注文いただきました。フロントパニアは左右セパレート、リアは左右連結式にしてあります。 これらをすべて自転車に装着して走るなんてすごいですね。

続きを読む

川口暮らふと、出店してきました。

10月19日土曜日。 朝6時に起床。表をみると曇り空。少し寒い。 さあ、今日は川口暮らふとの開催日です。 8時ちょっとすぎに会場に到着。もうテントがいくつも張られています。昨年に続いて2回目の出店ですし、設営の練習もしたし、いつも来ているところなので、落ち着いてセッティング。 やはり天気が心配でしたが、なんとか開催時間中はもってくれました。 全体の人出も昨年より多い感じ。B…

続きを読む

帆布バッグの撮影

こんにちは。帆布バッグ・自転車バッグ工房BACCHAUSのデザイナーmuseoこと安原です。 工房で製作したバッグを自社のサイトに掲載する写真は、もちろん自分で撮ります。モデルが必要な時もほとんど自前です。撮影場所も自前です。 ひとり撮影って、こんな感じですね。 だいぶ慣れましたけど。ちなみにカメラはリコーのGRデジタル(初代)です。

続きを読む

「川口暮らふと」と東叡社の自転車

10月27日、埼玉県川口市で開かれたクラフト作家のイベント「川口暮らふと」に出店してきました。 今回は、同市にある自転車工房「東叡社」をフィーチャーした展示やトークショーもあり、自転車愛好家の方たちも多数ご来場されました。 BACCHAUSもそれに合わせて自転車バッグを中心に展示・販売をしましたが、いままでお名前だけ存じていたお客さまや、東叡社の山田社長ともお会いすることがで…

続きを読む

VOGUEの自転車にキャリアを付けてもらった

BACCHAUS宣伝車両用に導入したVOGUEの自転車。東京・赤羽のBicycleShop 玄さんに頼んで、フロントとリアにキャリアを付けてもらいました。これで安心してフロントバッグとサドルバッグを付けることができます。 フロントキャリアはカンティブレーキ台座と、フォーククラウンの下を通してマッドガード取付ボルトの3点で支持しています。 リアのキャリアはフロントと同じような形状の小さ…

続きを読む

小さめのフロントバッグはいかがでしょうか?

ドロップハンドルのバーの上を順手で握っても邪魔にならない小さめのフロントバッグもいいですね。 昔のソローニュのモデルを参考に試作してみました。 あっ、自転車も新しい宣伝用車両です。新しいといっても中古の完成車を譲っていただきました。白いプラガードが気にいっています。(まだ、キャリアは付いていません)

続きを読む

伊佐沼バヴァルダージュに出店してきました。

4月22日に開催された川越の伊佐沼公園での自転車愛好家イベント「伊佐沼バヴァルダージュ」に、新作のフロントバッグとサドルバッグをもって出店いたしました。 曇り空で昼ごろから雨がぱらつく生憎の天気で心配もしましたが、ご来場の方々にはBACCHAUSのバッグに興味も持っていただくことができました。ありがとうございました。 昔のフランスのサイクルバッグには学ぶべき点も多々ありますが…

続きを読む

BACCHAUS車両は今どうなっているか?

www.bacchaus.comと文字を入れた吊り下げ式サドルバッグを付けた都内を自転車で走り回っていましたが、いまはこんな感じになりました。 フロントバッグとサドルバッグの新製品のテストで、無理やり自転車に付けています。 天気の良い日に清洲橋を渡ったので、写真を撮りました。 別の場所でフロントバッグを撮ってみたら(走行中?)こんな感じ。

続きを読む

谷中で帆布バッグ新製品の撮影会!?

3月20日はお彼岸の中日で、彼岸の入りの17日(土)、翌日18日(日)の天気が良くなかったので、この日の台東区谷中界隈の人出は大変多く、車の渋滞も激しいものでした。 お墓参りも兼ねて散歩していると(パークアンドウォークというのか、ライドアンドウォークというのか、近くまで自転車で行って人の多いところは歩いてまわる移動の方法です)、不忍通り沿いに写真屋さんがありました。 店頭に値段が手ごろな…

続きを読む

バレンタインギフト展

年が明けたと思ったらもう2月で、もうすぐバレンタインデー…。 チョコレートは大好きですがカカオ生産地での児童労働の問題を耳にするとそんなに気安く食べられなくなります。 さて、今回はちょっとした展示会のお知らせ。 東京・銀座1丁目にある奥野ビル608の銀座モダンアートでの「バレンタインギフト展」に、ショルダーバッグをメインに何点か出展しています。 なぜか黒が多くなりました。6号帆布…

続きを読む

BACCHAUS車両、来年はどこへ?

BACCHAUSのURL入りのサドルバッグを付けた自転車で走り回っていますが、その後の報告は途絶えていました。この自転車で走ることは日常のことなので写真を撮るということがなくなってしまったのですね。 まだ紹介していない写真が2枚ありました。 上の写真は、上野の山から線路を渡る橋のたもとですね。国立博物館に行ったときですかね。 下は、東大・赤門前です。ここでは高校生などがいつも記念写…

続きを読む

タンクバッグに挑戦中!

以前にオートバイのタンクバッグを試作していると書きましたが(これです)、その続きです。依頼者に「女性的だ」と言われたので、BACCHAUSっぽく作ってみました。 ミシン椅子の上に乗っているので、馬の鞍みたいですね。バッグはこんな風に開きます。 タンクの上で滑らないように裏側には別の素材を縫い合わせています。 いろいろと条件をクリアしていくのは大変です。依頼者にはこれをしばらく使…

続きを読む

BACCHAUS広告車両、まちを走る

自分がいつも使っている自転車に、自社サイトのURL入りサドルバッグを付けてみた。これでいろいろなところを走りまわると宣伝になるのかな…。 まずは近所のごはん屋さんに行きました。 次はどこだろうこれ? 蔵前のかばん材料店「角田商店」の前ですね。 これからも、ときどき報告していきます。実車を見たら笑ってね。乗っているときでしたら手を振ってください。

続きを読む

オートバイ用タンクバッグの試作

自分の乗り物の経歴を辿ってみると、三輪車→自転車→原付→自動二輪(オートバイ)→自動車(四輪)と順調に(?)移り変わってきた。しかし今、移動の主体は自転車である…。 知り合いのイラストライダー(イラストレーターでありオートバイのツーリングリポートを雑誌に書いている)のNさんから、「バイクのタンクバッグをつくってみませんか?」という話がありました(ちょっと前の話なのだけれども)。いろいろと考…

続きを読む

バッグデザインの進め方

バッグのデザインの進め方にはいろいろなやり方があると思いますが、一つの例を紹介します。 比較的小型のショルダーバッグを考えます。素材として9号帆布パラフィン加工ワサビ色とヌメ革のコンビでつくることにします。 参考資料などを眺めながら、こういう感じにしようと考えたらスケッチで記録します。かなりいい加減なスケッチですね。 これをもとに仕上がりの寸法を決定します。本体の左右寸法、高さ、マチの…

続きを読む

展示会終了! 皆さまありがとうございました

11月25日から30日まで、東京・神楽坂のアートスペースK2にて展示会を開催しました。 今回は、ジュエリーデザインのアトリエカルカジューさんの企画に、漆造形のナカジ★美術さんと一緒にのらせてもらいました。テーマは「“ギフトなタレント”展」。 期間中、多数の方にご来場いただき、お買い上げ、ご注文いただきましたことに感謝申し上げます。 久々に会った方とも話が弾みました。 アト…

続きを読む