カナモノで悩む

いろいろな帆布バッグをつくる機会がありますが、バックルなど接続のための金物を探したり、選んだりすることは結構たいへんです。 国内で手に入る既成のものは、だいたい決まったもので、昔の海外のものに近いものがなかったりします。 また、用途を少し変えて使おうと思ってもなかなかうまくゆかないことも多いですね。 そういえば、このブログのスタイルもいつの間にか変わっていました。タイトル写真は…

続きを読む

タイトルページ写真の変更

このブログのタイトルページの写真、Benotto Pistaを写したものですが、この車両も手放してしまったので、違うものにしないといけないかな―、と思っております。 こんな写真ではどうかな? ちょっとまじめすぎるか?

続きを読む

包丁研ぎ

久しぶりのブログ更新となりました。日記らしいネタを…。 庖丁を研ごうと思って砥石を水に漬けておいたら「水が腐っちゃうよー、ボウフラわいちゃうよー」と言われたので、朝食後に包丁研ぎを始める。大きい庖丁、自分のぺティナイフ、家人のぺティナイフ、果物ナイフを研ぐ。素人仕事ではあるが研がないよりましという感じですすめます。そうそう、仕事用の革包丁も研がなくてはと思い、適当な感じで研ぎました。 そ…

続きを読む

これも帆布バッグ屋の道具

帆布バッグを製造するのに使う道具、ミシンなどの機械モノ以外で手工具として一番使うものは、、、「はさみ」の類でしょうか。 これらの道具も定期的に使うものです。 ワイヤカッター、平ヤットコ、丸ヤットコ、挟む面の歯を削ったプライヤー、金づち、やすりなど。 丸ヤットコはハンドルを革で巻いてセラックニスを塗りました。 この道具で何を作るかというと、フロントバッグやサドルバッグに付けるフック…

続きを読む

Brooks B66 Champion

久しぶりのブログは自転車ネタで、、、 パジャマ雄三さんのブログ「ランドナーといつまでもbyパジャマ雄三」 http://pajyamayuzo.dreamlog.jp/ にリンクを貼ってもらったので、記念にブログ更新となりました。 Brooksの革サドルには、B17のサイズでスプリングが2個付いたタイプに、B66 Championというものがあります。 このモデルの古いもの(おそら…

続きを読む

ホテル・ディナーin岡山

百貨店の催事で1週間岡山のビジネスホテルに泊まってました。 朝食はホテルに無料で付いていましたのでそれを食べ、昼食は百貨店の社員食堂で、さて晩ごはんは…。 他の出展者の方と一緒にお話しをしながら晩ごはんを食べることもありましたが、一人でホテルの部屋でお酒をいただきながら晩ごはんをいただくのもしみじみします。 金曜日はこれ。 ソーセージなどのデリカテッセンの盛り合わせに、フランスパンの…

続きを読む

岡山天満屋での催事出店してきました。

4月18日(水)~23日(月)、天満屋岡山本店にて開催の「婦人靴・ハンドバッグ こだわり市」に出店してきました。 今回の催事は、自転車系でもなく、クラフト系でもなく、なかなか厳しいものもありましたが、皆様のご協力もあり、無事会期を乗りきることができました。お買上げ、ご注文いただきましたお客様に御礼申し上げます。また、出店者の皆様とも交流でき、意義深いものとなりました。ありがとうございました。 …

続きを読む

飛行機の窓から見える地理情報の楽しみ

旅の楽しみは家を出るときからはじまる。いや、旅の計画をしている時が最も楽しいという人もいるに違いない。 旅の途中の飛行機の窓から下の景色を眺め、今見えている地形や構造物は何か、それはどこかなど思いめぐらすことが私は楽しいのですが、いかがでしょうか。以前撮影したなかなかのグッドショットがありました。 正面に海の入江が見えますね。両側は半島状です。手前に島のようなもの、右側の半島の先には円錐…

続きを読む

帆布生地のカラーバリエーション

今日も朝から晴れています。向かいのお宅のゴーヤの実が大きく色濃くなってきました。 さて、BACCHAUSのバッグは、綿帆布にパラフィン防水加工を施したものを主に使用しています。自転車バッグ(フロントバッグ、パニアバッグ、サドルバッグなど)では、厚めの6号の生地が標準です。 この、6号帆布パラフィン加工は、メーカーがあまり色数を作っていません。それでも最低限お客様のご要望にもこたえられるよ…

続きを読む

帆布ショルダーバッグの再生

自分で使っているショルダーバッグなどは、だいたい試作品です。 それをもとに少し手を加えてカタログモデルにしたり、うまくいかなかったものを使ったりしています。ショルダーバッグcaramel-3の試作品を数年使ってきましたが、擦れて穴があいてきたので「捨てるにはちょっとモッタイナイ」ということで、再生することにしました。 これは、昨晩寝ている時にふと思いついたのですが、ひとまわり小さいサ…

続きを読む

OLMO中古フレームにGilmour号パーツを移植

さて、ebayで手に入れた、OLMO Competition フレーム。これに、黄色のGilmour号からパーツを移し替えて自転車を完成させるというもくろみ。この自転車の位置づけとしては、エクササイズ、トレーニング用として使おうという考えであります。 Gilmour Bicycleはアメリカのビルダー、Andy Gilmourのお店。アリゾナ州ツーソンにあります。BeatlesのGet Bac…

続きを読む

サドルバッグの検討(1)

サドルバッグは、サドルのバックループにベルトを通して固定したり、専用のアダプターを用いて固定したりしますが、バックループ付きのサドルとループなしのサドルに兼用で1つのサドルバッグを使いたいという依頼がありました。 いろいろ検討してみましたが、依頼者の言うように、取付けベルトを交換するという方式を採用してみました。 <幅の狭いベルトでバックループに固定> <幅の広いベルトでサドルのレール…

続きを読む

eBayで買った中古ロードフレーム

実をいうと今までにeBayで、中古自転車を3台買った。 いろいろと問題があったが、いろいろな人の協力で何とかしてもらった。 その経験を踏まえ、今度は中古ロードフレームを買うことにする。 狙うは、1980年前後のイタリアン・ロードレーサー。サイズは52~53cm。 メーカーの候補としては、BASSO、PINARELLO、CASATI、OLMOなど。 探し始めて、1か月ほど。フランスの出品…

続きを読む

仙台での展示会・カメラ故障?の巻

某月某日 仙台での展示会のため、1週間滞在。 市内の勾当台公園の写真を撮ったのだけれど、その後カメラ(リコーGRデジタル)がウンともスンとも言わなくなり、写真が撮れない。 某月某日翌日あさ 一番町通りで、朝の品だしをしている金物屋の主人に「この辺にカメラ屋さんはありませんか」と聞いて場所を教えてもらう。行ってみると開店まで30分ほどあったので、「ルカフェ・ドトール」でモーニングコーヒーを…

続きを読む

さらばGILMOURバイク

僕の黄色いロードレーサー・GILMOUR号ともお別れだ。これが最後の雄姿。 これをバラして、部品を新たに購入した中古フレームに移植する計画なんだ。

続きを読む

カンピョウもどきバーテープ

「仕事のアイディアが煮詰まった」「根気が続かない」、こんなときはブログの更新ですね。 さあ、何か月ぶりかわかりませんが、過去を振り返ってみましょう。 某月某日 家人には言えないが、古い自転車についていたぼろぼろのハンドルバーテープを鍋で煮てみた。 接着剤が落ちるかと思い、洗剤を加え煮てみた。 水ですすいでも、黄ばみが落ちないので今度は漂白。 これを乾かして、両面テ…

続きを読む

真鍮線でサドルバッグ用ループを製作

いつもお願いしている伸銅品店で、「なまし真鍮線の3.2mm」を買ってみました。 実は、ちょっとした工作をしようと思いまして…。 昔の自転車で、実用車、軽快車に付けられていた「テリー型サドル」に皮革製工具バッグを付けようと思い、ループ金具が付いてなかったので、この時代のものだと真鍮でもOKと思い、自作することにしました。 なまし真鍮線3.2mmは、記号でいうと「C2700WO 3.2X2…

続きを読む

オレンジ色のフロントバッグ

思い出のランドナーに合わせてフロントバッグをつくってほしいとの依頼がありましたので、オレンジ色の帆布生地で、提案させていただきました。 オレンジ色、実は「日通色」といいます。日本通運ですね。かつての日通のトラックの幌に使われていた色のようです。 「懐かしくて新しい」色なのではないでしょうか?

続きを読む

きりんざん樽酒とチャーシュー

年の瀬の土曜日、赤羽に出かけて、お昼にいつものお蕎麦屋でいつものカレーそばではなく、天とじそば。 付近をぶらぶら歩く。 年末年始恒例のきりんざんの樽酒を買い、向かいの肉屋でチャーシューを買う。 晩酌のおつまみに、このチャーシューはいいですね。また来年の年末まで待たねばならないのかな?

続きを読む

ウッドステアリングの再塗装

このブログにふさわしいネタかどうかはわかりませんが、自動車の木製ハンドル(ウッドステアリング)の再塗装をしましたので、ちょっと記しておきたいと思います。 ヘレボーレのステアリングです。(再塗装後の写真) しばらくは、黒のレザー巻ステアリングを使っていましたが、オリジナルのウッドステアリングに戻そうと思い、塗装のはげがあったので再塗装を試みました。 まず、#400の耐水ペーパーを使って塗…

続きを読む

カメノコ?イイエ、ハンドパン運搬バッグです

何か変わったものを背負ってますね。何でしょうか? オーダーバッグ製作の依頼があって、出来上がったものを背負っているところです。 これは、「ハンドパン」という打楽器を収納して運ぶためのバッグです。 ハンドパンチューナー、製作者である園部良氏の依頼により製作いたしました。 http://www.sonobe-handpan.com/ さて、「ハンドパン」とはどのようなものである…

続きを読む

サイクルトレイン・上毛電鉄

10月4日にちょっとしたトラブルがあって、上毛電鉄に乗る機会がありました。 北原という駅から中央前橋までです。北原駅です。 反対方面の電車が来ました。単線です。2両編成です。車内の様子を見ると、おっとびっくり、少年が自転車とともに寝転んでいます。 われわれが乗った前橋方面の電車にも自転車のおじさんがひとり。2両編成のうち、「自転車は後方の車両へ」ということです。

続きを読む

ミシンの注油とオイル差し

ミシンのメンテナンスの基本は、ミシンをきれいにすることと、各部への注油ですね。 ミシンの注油ポイントは、ミシンに赤くマーキングされているのでわかると思います。あとは、サービスマニュアルを見ることです。 赤のマーキングは、古くなると薄くなってくるので、赤のペイントを塗りなおしてみます。 綿棒にペイント薄め液などを付けて、マーキングの周囲の油を取り除き、別の綿棒に赤いペイントを付けて注油の…

続きを読む

iichi crafts market 三越・千葉店会場に出店中です。

8月26日(水)~9月1日(火)の期間、タイトルのイベントにBACCHAUSが出店します。 皆さま、どうぞお越しください。 このイベントの概要は以下のサイトをご覧ください。 http://www.iichi.com/crafts-market/21shops-2015 三越・千葉店6階、リビング用品売り場イベントスペースです。 http://www.iichi.com/assets/i…

続きを読む

Brooksサドルのリペアその後

前回お話ししたBrooksサドル(B17 Champion Narrow)のリペアですが、少し乗ったら裂け目が出てきてしまいました。もう一度、アドベース・アドカラーを剥がし、補修をやり直しました。 今度の補修は、サドル左側のリベット脇の革の穴のあいた部分に革の小片を当て、裂け目の部分とともに瞬間接着剤を流し込んで固定することにしました。その後、もう一度アドベース・アドカラーを塗って仕上げた…

続きを読む

Brooksサドルのリペア

前回お話ししたBrooksサドルが自分の不注意によって裂けてしまった件ですが、このまま乗っていると裂け目が広がっていくので、修理することにしました。 BicycleShop玄さんに見せたら、「もったいないね。糸で縫ってみたら」と言われたので、糸で縫って裂け目を固定し、「アドカラー」を塗って補修することとしました。 目打ちでサドルの革に穴を開け、針と糸で縫います。糸は高強度のケブラー(アラ…

続きを読む

サドルとバッグ

「サドルバッグ」ではありません。サドルとバッグの写真ということです。 古いBROOKSのサドルをリペアしようと思ったのですが、結局、最終的に、皮革が裂けてしまい、失敗に終わりました。 これはすべて自分の責任なので、この裂けてしまったサドルを使っていこうと思います。 何か、補修の手立ても考えますが。

続きを読む

グルジアがジョージアになった!

昨日、新聞のスポーツ欄の大相撲の星取表を見ていたら、出身地に「ジョージア」とある。 アメリカ合衆国のジョージア州かと思ったけれど、ちょっと違うみたい。栃ノ心関の出身地にもジョージアとあったので、「そうか、グルジアのことか!」と思った。 そして同日の夕刊(東京新聞です)のスポーツ面に、そのグルジアからジョージアの名称変更のことが、まさしく、大相撲界の2人の関取の関係で記事となっていた。 …

続きを読む

りんごケーキ2014

今年も紅玉の季節となりましたので、昨年に引き続き、りんごケーキを焼いてみました。 ちょっと焦げ目が強いようですが、昨年と比べてどちらがおいしそうですか? 今回はクッキングシートを使わずに、「ケーキ型はバタをぬって、粉をふり、余分な粉をはたいて冷蔵庫で冷やしておき」ました。それで、焼きあがり後、型からうまく外れました。 それと今回は全粒粉を使ってみました。最初食べるともそもそ感があり…

続きを読む

「川口暮らふと」に出店してきました。

2014年10月18日土曜日。今年も川口暮らふとに出店してきました。 青空のもと多数の出店者が朝早くからテントを張り、出店の準備に追われていました。 われわれも昨年と同様の設備で、出店準備を開始。 そうそう、前回のブログで紹介した四分の一円のテーブルも登場です。電動ドリルを持っていかなかったので、手でドライバーを回したので、ちょっと疲れました。 この小さめの手提げバッグは、今…

続きを読む

「川口暮らふと」の準備

10月18日土曜日に開催される川口暮らふとに今年も出展いたします。 そのためのかばんづくりにいそしんでいるかと思えば、工作の時間です。 1/4円(扇型)のコーナーテーブルにかばんを載せようかと思い、製作を始めました。 持ち運ぶことを考え、なるべく軽くしようと思いましたが、足を取り付ける金物が薄くて、強度的に不安です。 もし、近づくことがあっても寄りかからないでくださいね。

続きを読む

あかね色の空

夕方、おもてが赤いので、何事かと思ったら、西の空があか紫色に染まってました。 ちょっと珍しい色だと思ったので、写真に撮りました。中央に見える半円は、沈みゆく日蝕の太陽、ではなく、学校の天体観測ドームです。 それにしても何か、大気の状態が変なのでしょうか?

続きを読む

石鎚、臥龍梅、ひやおろしの至福

普段はお酒でそんなに贅沢はしないのだけれども、つい買ってしましました。 冷蔵庫に2本保管してあった時は、優雅な気分でした(今は臥龍梅が半分ほど残っています)。 臥龍梅を包んでいるビニールは紫外線をカットするものだそうです。 おつまみの準備がまだでした…。

続きを読む

自転車架装バッグ・フルセット!!

フロントバッグ、フロントパニア、リアパニアをまとめてご注文いただきました。フロントパニアは左右セパレート、リアは左右連結式にしてあります。 これらをすべて自転車に装着して走るなんてすごいですね。

続きを読む

宮崎県・飫肥で陸上の指導をする?

宮崎県の飫肥(日南市)は、昔の城下町の趣が残っていて、観光地としてもそこそこ賑わっています。 まちを巡っていて知ったのが、飫肥は江戸時代より教育に熱心なところであったということです。 飫肥城跡に登り、降りようとして見渡すと広大なグラウンドを持つ学校がありました。飫肥中学校です。 野球部の練習、陸上部も外周路でスプリント・トレーニングです。 そして、道路まで下りていくと、練…

続きを読む

競輪発祥の地・小倉

まだいきます、自転車ネタ。 さて、競輪発祥の地といわれる小倉競輪場(現、北九州メディアドーム)に行きました。 といっても競輪に行ったわけではなく、ただこの場所に行っただけです。 小倉駅から競輪場に向かう途中には無法松の碑がありました。 小倉といえば「無法松の一生」を思い浮かべる年配の方も多いでしょう。 私が見たのは、高峰秀子、三船敏郎の無法松。 映画の冒頭で、森雅之の旦那があっけ…

続きを読む

『銀輪』不思議なPR映画

近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)で「日本の初期カラー映画」という特集があって(2014年4~5月)、プログラムを見て気になった作品が『銀輪』。 日本自転車工業会の海外PR用短編映画とのことですが、特殊撮影:円谷英二、音楽:武満徹、鈴木博義なので、まるでウルトラQの趣です。(これは見に行っての感想。) 自転車フレームやリムなどの製品が、モビールのように映像化されています。 これに…

続きを読む

理想の自転車道

昨日(2014年6月18日)の東京都議会で、舛添知事が2020年東京オリンピックに向けて自転車推奨ルートの整備をすると語った。(テレビニュース情報と、「東京新聞」6月19日) アッと、そうそう久しぶりのブログです。何人か(2人?)の人にブログ更新しないの?と言われましたので。 それで、誰のための自転車道の整備かと、選手?の訳ないし、観客なのかな、よくわからない。 よく新聞記事を…

続きを読む

カレーはやっぱりC&B

だいたい土曜日か日曜日の昼はカレーを食べます。平日もカレーうどんをよく食べます。 自転車のことで知り合ったカレー粉屋さんに「自分でカレーうどんをつくったり、ドライカレーもどきをつくったりするんですよ」と話したら、「カレー粉の基本はC&Bだ」と言われました。 それからC&Bという名のカレー粉を探していたら、ありました。スーパーの上のほうの棚に置いてありました。 C&B: Crosse a…

続きを読む

リンゴのケーキ

今日はいちにち雨が降るよう。 「川口暮らふと」も昨日終わったし、先日買った紅玉でリンゴのケーキをつくります。 本を見ながら…。 バタの泡だてが固くてちょっと大変ですね。あとは材料を混ぜて、切った紅玉を乗せてオーブンで焼くだけ。 焼き色があまりきれいには付きませんでした。 これからコーヒーとともいただこうと思います。

続きを読む

川口暮らふと、出店してきました。

10月19日土曜日。 朝6時に起床。表をみると曇り空。少し寒い。 さあ、今日は川口暮らふとの開催日です。 8時ちょっとすぎに会場に到着。もうテントがいくつも張られています。昨年に続いて2回目の出店ですし、設営の練習もしたし、いつも来ているところなので、落ち着いてセッティング。 やはり天気が心配でしたが、なんとか開催時間中はもってくれました。 全体の人出も昨年より多い感じ。B…

続きを読む

自転車のチェーン交換しました(SEDIS編)

あァ、しばらくブログを更新してないと思ったらもう10月です。ということで「自転車のチェーン交換しました」第三弾、SEDIS編です。 いま普段の足として、荷物があまりないときは、USAのローカルビルダーAndy Gilmourの1980年代後半製造と思われるロードレーサータイプに乗っています。黄色のフレームに、イタリアGalliのAerodynamic KLというブルーのコンポが付いたもので…

続きを読む

二世古、金滴、北海道のお酒

先日、札幌に行きました。本場のスープカレーはイメージとは少し違い、具だくさんのカレー風味のスープという感じですがおいしかったです(カレーとご飯は別々に食べるようです)。 余市まで足を伸ばしました。鉄道の本数が少ないので、札幌からバスで行きましたが、とりあえず小樽まで鉄道で行って(新千歳空港からも札幌経由小樽行きがある)、その先時間によって鉄道またはバスというのが正解のようです。ニッカの工場は余…

続きを読む

3tttのエアロ型シートピラーと剃刀ホルダー

2枚刃のカミソリの刃を買ったのですが、それに合うホルダーを探したら、だいぶ前に買ったステンレス鋼製のものが出てきました。記憶の糸をたどると、1985年に、日本橋の高島屋で、プレセント用に買って、その機会を逸してしまって、自分で持っている、というものでした。 これを使おうかと少しきれいに磨いていたら、「あっ、これは自転車のエアロタイプのシートピラーだ!」 ということで、上の写真…

続きを読む

冷蔵庫の中の磯自慢

床屋さんからの情報で、静岡県焼津の磯自慢の入手先を知りました。 少し経ってから買いに行きました。冷蔵庫に保蔵中の写真です。 そのあと、床屋さんで報告したら、別の方が「若いうちからあまりいいお酒を飲んではいけない」と言われました。 若くもないのですが、いいお酒に慣れてしまうのもどうかと思う今日この頃です。

続きを読む

三菱LY2-3300、工業用厚物ミシンのプチ改造

バッグの製造に使用しているミシン、三菱LY2-3300、少し改造してみました。 これは上下送りというタイプで、下側の送りと同調する上側の外押えで、生地を挟んで送っていきます。 この外押えの前後の位置を調整できるのですが、いちいちネジまわしでネジを緩めて位置を変え、また締めるというものです。これが面倒なので、自転車のホイールの軸を固定するクイックレリーズシャフトが使えないかと思い付きました…

続きを読む

クリストフ(Christophe)のナイロン(?)トークリップ 

最近やけに黄色いプラスチック製品が気になる。いま目の前にも黄色いホッチキスが…。 キッチンにもいろいろと目につく。 この写真の中で、仲間はずれはどれでしょうか? もうお分かりですね。キッチン用品の中に自転車用品が紛れ込んでいます。黄色いナイロン製(プラスチック)のトークリップです。フランスのクリストフ(Christophe)のものです。これは、中古ペダル(Superbe Pro…

続きを読む

ニッカーボッカーズ

ちょっと古風なランドナー的自転車乗りの方はニッカーボッカーズを穿かれておられる。シューズ以外は昔の登山スタイルに近い。 僕も実はニッカーボッカーズを持っていたのだが、はくチャンスはなかった。自転車乗りの方に影響を受けて引っ張り出してはいてみると「意外に暖かい」のだ。これで、まず仕事着となった。当然このスタイルで自転車に乗って出かけてもいいのだが、気になることがあった。 それは、脚の短い日本人…

続きを読む

「日高見」飲んだぞ!

2011年の2月に、大学時代の友人と久しぶりに飲んだ。 好きなお酒(日本酒)の話になった。3人とも東北関係なので、僕が「浦霞」って値段が割高だよね。というと、仙台出身のY君は、むかし父親が浦霞を常飲していたが、大人になって浦霞が比較的値段が高い酒だと知り少しむかついた、というような話をした。そして、彼は「自分は石巻の日高見という酒が好きだ」と語った。 その時ぼくは日高見を知らなかった。「じゃ…

続きを読む